So-net無料ブログ作成

4度目のワケわかんねー気持ち [おもいでがたり]

ドキドキかつワクワクかつ、不安なような何だかワケわかんねーみたいな…。
誰でもあるでしょ、そんなこと。
旅行の前の日とか運動会の前日とかサ。
マリッジブルーとかマタニティブルーとか(ってオイ!)
  
今のワタシはまさにそういう気持ち。
  
4度目のそういう気持ちだ。
クルマに関しては、4回目のワクワクかつ不安かつワケわかんねーな気持ち。
1回めのそれは、遡ること18年くらい前の大学4年生。
シトロエンAXやプジョー309、オリジナルミニなんかに乗る友人にそそのかされて、
またはこの漫画に影響受けまくっちゃって洗脳されたおかげで、
そしてトドメにこんな本屋さんに居座ることが増えたおかげで、
ホンダのセダンからユーノスロードスターに乗り換える決意をした。
 



GTロマン 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

GTロマン 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 西風
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000
  • メディア: -


 
”あそべる本屋、ビレバン”ことビレッジヴァンガード
http://www.village-v.co.jp/
  
<さらに関連記事>
2005.05.20「めぐりあいにありがとう」
http://nalfalfa.blog.so-net.ne.jp/2005-05-20



 
あの時の納車までの日々と来たら本当にワクワクドキドキが止まらなかった。
でも、不安だって大いにあったわけで。

だってサ、4ドアのフツーのセダンから2座オープンカーよ?
当時大学のサークルで大勢乗っけて遊びにいくことがとっても多かったので、
ホントに2人しか乗れないクルマでオレって大丈夫なんか?な不安。
布のホロのオープンカーなんか買って、
こんな小さいクルマで不便感じて後で後悔したりしないんやろか?な不安。
   
でもそれよりも何よりもトドメは、マニュアルシフトだったこと。
 
だってサ、今でこそ「マニュアルシフトのクルマしか買わない!」宣言しているけれど、
恥ずかしながらワタシ、
免許取ってから最初の3年はオートマしか運転したことなかったのさ。
実家にあったMTのサーフとか、バイトで乗ったワンボックスはあるけど、
ギクシャクしまくりで困ったちゃんで散々だったのさ。
 
なのにいきなり若いイキオイで「やっぱユーノスはマニュアル!」で突撃。
  
で納車待ちのある時担当の営業さんとクルマ談義しててつい漏らしちゃったんだ。
「ボク、実はマニュアル乗るの自動車学校以来なんですよ……」って。

営業さんは新卒ホヤホヤ新入社員になって数日の八村さん(仮名)という方だったんだけど、
ワタシのロードスターが八村さんの初契約で、
それにものすご兄貴肌のイイお兄さんで就職活動の相談なんかもしてたんだけど、
その八村さんが真顔でワタシにこう言ってくれたんだ。
 
 
「nalクン!そりゃマズイよ!ユーノスは特にマニュアル難しいほうだと思うよ!」
  
 
「よし!練習しよう!!」
  
  
「ヒマだったら付き合うからさ!電話ちょうだいよ!一緒に練習しよう!!」 
  
  
ホント頼れるお兄さんだった。
2、3度ワタシはディーラーに赴いて、八村さんと一緒にマニュアルの練習をした。
試乗コースをだいぶ通り過ぎてオトコ二人で屋根開けて走った。
おかげでエンストしない程度にはなれたような気がする。
 
ありがとう、八村さん。
  
それに納車10日前くらいにはバイト先の後輩でクルマ好きなスズキと
ユーノスの話が盛り上がってこんな話になった。

「nalさん!オレのクルマと3日くらい交換しましょうよ!」
「オレのCR-Xで練習したほうがイイっすよ!ビガーも乗ってみたかったし…。」

な訳で彼が買ったばかりの中古のCR-X、たしか"15X"だったと思うんだけど、
いわゆるサイバーCR-X、マニュアルの2代目CR-Xを借りていきなり海へドライブしたりした。
えーもちろんひとりでは、ない……いきなりそういう使い方するワタシって一体……。
  
 
てなワケでマニュアルシフトに慣れるように色んな方に手伝ってもらったおかげで、
ワタシは納車されたユーノスロードスターでフツーに運転することが出来た。
「こんなに小さくて2人しか乗れないクルマで大丈夫か」てな
ことについては何とかなるもんだ。
サークルの友人たちで4座のクルマがたくさんあったから困らなかったし、
けっこうみんなでユーノスでチヤホヤ遊んでくれたおかげで
「今日はワタシを乗せて!」とか「オレがnalのクルマで!」みたいなカンジで
何処行くにも結局ユーノス出して2人乗りで色々遊びに行った。
 
その後のことは過去記事にもたくさんあるけれど
ホントに蜜月な7年間をユーノスと共にすることが出来た。
   
まあ、悩むくらいならやっちゃったほうが良いってトコか。
 
それが1度目のドキドキわくわく不安でワケわかんねーな時。
 
  
2度目は、もうまさにその流れでユーノスを降りる時だった。
仕事が忙しすぎて年3,4000キロしか乗らなくなってしまったユーノス。
なのに相変わらずマメに洗車したりしてけっこう可愛がっていたユーノス。
    
でもあの時、父親にそそのかされてそれに乗っかってしまったワタシ。
   
「そろそろガタガタだし買い替えたらどうだ。少しなら助けてやるゾ。」
    
あーーーーまんまと誘惑に乗せられたおバカな道楽息子よ………。
  
 
で、プジョー306カブリオレとゴルフカブリオレで悩んでゴルフにしたんだけど、
あの時も納車前って言うかユーノスを買取屋さんに届ける時には
マジで悲しい気持ちと言い知れぬ不安になった。
  
ホントにユーノス降りちゃってイイのか、オレそれでイイのか……(悩)
 
生涯を共にしようなんて青臭い夢すら描いていたというのに、
ホントにユーノスとサヨナラしちゃってコレで良かったのか……。
グリーンメタにベージュ革内装のゴルカブくんと過ごす日々にもワクワクしていたけれど、
同時にユーノスとの別れについてもものすごく心に引っかかるものがあった。
 
ただまあ乗り始めればのど元過ぎれば何とやらで、
彼女(今のオクサマ)と遊びに行ったり北海道旅したりしてたくさん楽しんだ。

楽しんだんだけど、この時はやっぱ徐々にココロに曇りが出て来ちゃったんだな。

”やっぱいくら屋根開いてもオートマじゃ、アカン……”
”それにユラユラ足回りはオレの好みじゃないかも……もっとダイレクトじゃないと!”
”カブリオレとかコンバーチブルだと、あんま屋根も開けなくなっちゃうんだな…”
”やっぱオープン専用設計、ロードスターとかスパイダータイプじゃないと!!”
 
 
結局、ゴルフカブリオレくんは2年半足らずして降りる決意を固めてしまった。
  
そして次にやってきたクルマ。
それこそが3度目のドキドキワクワク不安でワケわかんねーな時。
 
 
初のイタリア車であるアルファロメオAlfa147の、並行輸入車。
アルファロメオとの出逢いだ。
2001年、いきなりゴルフカブリオレとサヨナラしてしまったワタシは
当時仕事グルマとしてホンダHR-Vに乗っていたので特に足には困ってはいなかった。
でもやっぱ自分の自分だけのクルマが欲しいということで手に入れたのが、
正規導入直前になっていたアルファロメオだった。
 
Alfaromeo Alfa147-1.6TwinSpark-3DR-LHD-5MT。

別にアルファロメオに憧れていた、とかそういうのは一切ない。
ホントはユーノス改めマツダロードスターか、フィアットバルケッタを狙っていた。
でもウチの近所に当時飛ぶ鳥落とす勢いなマネーの虎率いる並行輸入クルマ屋さんがあって、
そこに冷やかしに行ったときにたまたま見つけたのだ。

でも買うと決めたもののホントにあの時は不安だった。
ワクワクもあったけど、正直不安のほうが大きかった。
だってまず左ハンドルよ?
左ハンドルのE39BMW525iにちょいちょい乗ったことはあるけれど、
でもそれに加えてマニュアルシフトでしょ?

だ、大丈夫なんか、オレ………。
 
それに並行輸入車だ。並行輸入車は1年保証。
さらに大きな会社から買ったとはいえ、アフターメンテンナンスに不安は残っていた。
そしてとどめがイタリア車だったってこと。
当時はいくらクルマ馬鹿と言え国産車とドイツ車しか知らなかったワタシ。
ドイツ車だってあり得ないマイナートラブルはたくさんあった。
一般的な街の声(笑)でいくと「イタフラ車はコワれる!」じゃん。

もうね、自分で自分の選択に笑っちゃったよ。
「なんでよりによって並行のアルファロメオなんか買ってんだ、オレ!」って…。

だからめちゃめちゃネットで色んな情報を探しまわった。
あの時のドキドキワクワクかつ不安でワケわかんねー気持ちは、ソートーなモンだった。
 
 
まあ、それでいざ乗り出してみれば感激することはあれど
不安なことなんか全然無かったけど。
都合アルファロメオ4台乗ったけど、不具合はほとんどゼロ。
スパイダーの時にオイル漏れのまま高速飛ばした時は青ざめたけど、あれだけだな。
直してからは絶好調だったし他に困ったことは無い。

それに何と言っても心強かったのが最初の147のときに出会った仲間のみなさん。
最初145乗りの方の集まりに混ぜて頂いて、色んなことを学んだ。
その後も147で集まって遊んだり教えて頂いたりホントに心強かった。
たぶん1台目のAlfa147に良い思い出しか無いからこそ、
4台も乗り継いでしまったんだと思う。

怒られるかもしれないがアルファだから選んだ、のではない。
色んな候補を見て回って、毎回最後に選ぶのがアルファロメオだっただけだ。

まあそれこそが「アルファロメオの魔力」なのかもしれないが……。
 
 


 
 
そして今、ワタシは4度目のワクワクドキドキ不安でワケわかんねーな気持ちの中に居る。
Abarth500を発注して以来、
家で家族が寝静まった頃ワタシは居間に降りて来て、
何回も先月号(?)のNAVIというクルマ雑誌に付いて来たDVDをジッと観ている。

そのDVDが、Alfaromeo Alfa MiToとAbarth500の特集DVDだからだ。
 
もうサンタクロースを待ちこがれる幼いコドモ状態なのだ。
動いている、峠を駆け巡っているアバルトを、何度も何度も妄想しながら観ている。

でも……。
 
不思議なモノでワタシにはアルファロメオというチカラが染み付いているんだろうな。
AlfaMiToを、っていうよりもアルファロメオのほうを、
「自分のモノ」として観ている自分が居るのに気付く。

ジャイアンツファンだったらジャイアンツの一挙手一頭足に集中してしまうように、
ワールドカップ予選だったら日本代表ばかり目で追ってしまうように、
なぜだかワタシはアルファロメオを「オラが村のモノ」的視線で見てしまうのだ。
 
…おっと、オレのはアバルトじゃん……でもなんかアルファ観ちゃうんだよなぁ……。
  
そんな自分に気付くたび、ほんのちょっぴりだけど不安に襲われたりもする。
  
…アルファロメオでは無いクルマで、大丈夫かなオレ……。
 
自分ではわかっている。
これって中学卒業を控えて離ればなれになる不安と新たな世界を観られるワクワク。
東京に就職決まって我が家から、そして地元から旅立つ不安。
 
それと同種の感情なのだろうなぁ、と。
 
新しい世界へ旅立つ時には、不安もあるけれどドキドキワクワクする。
ワタシは、家や仕事こそ地域密着で”ここで骨を埋める”道を選んだけれど、
元来どちらかと言うと”より新しい世界、未知の世界”へ行きたがる傾向が強い。
 
悪い言い方をすると、新しい環境で新しい友だちを作り、
過去の友人と疎遠になるパターンが多い、とも言えるのだが……。
 
 
オ、オホン。
 
とにかく、今のワタシはワクワクドキドキかつ不安でワケわかんねーな気持ちでいっぱいだ。
1ケ月前には想像もしていなかったクルマと共に過ごすことを決めた。
それはアルファロメオではなく、小さな小さなピッコロアバルトだった。
 
軽自動車に毛の生えたようなサイズのクルマで、
ホントにオレは仕事で使えるのか、毎日仕事で乗って足回りの固さに閉口しないのか。
クルマはリラックスすべき場所なのに、かえって疲れちゃったりしないのか。
 
そういう不安もたくさんたくさんある。
でもそれも含めてとってもワクワクドキドキ。
 
ワクワクドキドキついでに、
こないだ用事でディーラーに足を運んだときに、
アバルト500の試乗車があったんだけど、ワタシは試乗するのを止めた。
もうこうなったら、
いきなり自分自身のアバルトで”ドライビング”という初遭遇を果たしてやる!
      
そんな気持ちで試乗するのを遠慮した。
  
 
今週には、我がアバルトチンクエチェントがワタシの元にやってくる。
あと数日間、このドキドキワクワク不安でワケわかんねー気持ちを楽しんでやろうと思う。

ホント、クルマ馬鹿バンザイだ。

こういう気持ちに包まれて右往左往出来てシアワセだ。
 
 
クルマ馬鹿よ、永遠なれ!!!

 





nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 8

ぷち

ドキドキ、ワクワク、しちゃうよね~(≧∇≦)
そして、ほんの少しの不安を感じるのもよくわかります(笑)
それだけルビィ様を、そしてアルファを、愛してた証拠かな♪
最後の数日間、ルビィ様をいっぱい愛してあげてね。
そしてアバルトちゃんの妄想もめいっぱい膨らめちゃいましょう☆
んふふ~~楽しみ♪♪
by ぷち (2009-05-18 15:19) 

ゆっきぃ

アルファのnalさんってイメージだったんだけど、
でも、なんとなく今のnalさんには似合いそう。。。
納車したらこっそり見に行こうかな(笑)
あ、これじゃただの変なヒトだ、、、(・_・;
by ゆっきぃ (2009-05-18 17:27) 

Nishi

僕もこっそり見に行きたいです♪

でも、どこに行けば見れるんでしょう?
by Nishi (2009-05-18 17:49) 

ghie

判るなぁ〜、その気持ち。

僕、10数年前。
Ghibli 6MTに一目惚れして、手に入れる時。
左ハンドルは経験有るけど、左ハンドル&MTってのが初体験。
思いっきり不安でした( ̄▽ ̄;
それ以上に、ドキドキ・ワクワクだったけどね。

納車までの一時。
思いっきり、楽しんじゃって下さいね♪

っつか。
素朴な疑問。
nalさん、AlfaRomeoから降りちゃったら。。。
あれ?????w
by ghie (2009-05-18 19:53) 

アキオ

固いアシでも、なじめば全然OKですよ。
気にならない。。

実はオイラも(って、どっかで書いたかな)
トヨタセダンから、シビックへ、
ゆらゆらふんぞり返るケバケバシート、
から、ひらひらかたかた縛られシート、
に変えたヒト、クルマってエンジンじゃん、と思ったあの日。
うーむ、、、何か失ってしまった気がする。
書いてしまうと自覚すると言うか。
ってか、シビック乗り(当時の)からすると
ロードスターはぜんぜん難しくないと思ったなあぁ、
なれないとアイドリング発進出来なかったシビックに比べて、
アイドリングでもスルスル発進出来る感じだったし、、
(ホンダの一速は高めだったのなぁ、、トルクのせいかもだけど)
しかし、CR-X、、アレかっこいいなぁ、いまでも。

あばると。
乗って所有して初めてみえてくる物もあると思います。
159からすると固いだとか、狭いだとか、
まぁ諸々全然違うと思いますが、
ネガとポジ、ポジの方が楽しければ全然問題ないですよ。
ってか、それを願っております。。
ん〜〜〜、、しかし、好き者用ゆえ
残存価値は高くて、意外にオトクな買い物になる予感もありますねw

by アキオ (2009-05-18 23:08) 

KANEGON@147_1.6TS_LHD

この間はコメントどうもでした~~。
そんなことよりABARTHに乗り換えられるんですね!!
おめでとうございます☆
迷ったら次のステージへ!nalさんらしい選択です。
でも違う意味で血中濃度がより上がりそうですね~(笑)。
PS:ちなみにウチはまだまだ行きますよ!
by KANEGON@147_1.6TS_LHD (2009-05-19 08:56) 

nal

>ぷちさん
ありがとうございます!
そーなんすよ基本的には「早く来い!」なんですけどそーすると159とはお別れなわけで……ワタシってフクザツ♡(←いや自分でやってんですけどね…)
>ゆっきぃさん
某日に行くとワタシがニヤニヤしながら受け取ってると思われます(微笑)
>Nishiさん
何処行けばって……日本に4店舗しか無いんですよっっっ!!!(笑)
>ghieさん
いや、イマドキのマセならいざ知らず……430系ですよ……ね?(違ったらスミマセン…)
「不安」という意味ではアルファなんか小さい小さい、みたいな(笑)新品のヒューズ自体が大丈夫なのかコワレてるのかわからない、みたいな伝説を読んだことあります。
イタ車は21世紀(156147)以降、マニュアルであればほぼ不安は無いですよね〜。
えー最後のは……なんでしょう……タイトルでしょうか……悩んでますが、残す方向でおります!ワタシの名前はそのままで大丈夫です(ニヤ)




by nal (2009-05-19 10:25) 

nal

>アキオさん
足についてはそんなに心配してないですよん。
柔らかいとは言え159でもまあまあフラットですし。
基本的にはアバルトはワタシが乗って来たクルマの延長線とは思ってるんですよ。159とも繋がってそうな、イメージ。
で、自分がビックリ驚くのを楽しみにしてたりします(笑)
>KANEGONさん
ありがとうございます!
やはり……もう20年後には内燃機関ないかも、とか10年後にはハイブリッドしか無いかも、って気持ちがありまして……。
乗れるんだったら、やれるんだったらヤっちまおう!な気持ちはありますねー。毎日血圧高くして(いや、ダメだろ!)走り回ります!


by nal (2009-05-19 10:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0