So-net無料ブログ作成

轟音に溶けていく [映画音楽本とか]

P8213459.jpg

 
 
なにしろ5年以上のご無沙汰なのである。

今正確に確認しようと過去記事を探ってみたところ何ともはや、
かれこれ6年も足を運んでいないのであった。
 
2005.03.30「自分が恐くてライブに行けなかった」
http://nalfalfa.blog.so-net.ne.jp/2005-03-30
 
こと趣味というもの、子供が出来ると断念したり縁遠くならざるを得ない。
もちろん上手く折り合いを付けている方も多いだろう。
けれど今のところの私は、
仕事よりも何よりも育児最優先を掲げて生きているので
クルマを除くほぼすべての趣味は心にしまったままなのだ。
 
 
<1>音楽
今や新しいミュージシャンとの出逢いにワクワクすることはほとんどなく、
かつてから好きだったアーティストのCDをたまに買うのみ。
数としてはかつての10分の1も買ってない……。もうミュージックシーンなんてわからん!
家のオーディオは見る影もなく、iPod対応のラジカセになってしまった(号泣!)
だから自分の好きな音楽は、我がABARTHでしか聞けない…。
ドラムに至っては、ついに先月撤去した……子供部屋の整理で…。
今屋根裏部屋に積んであるんだよ………。

 
<2>スキーとかゴルフ
スキーはこの5年で行ったのは今年はじめて行った1度のみ。
それも自分の板は持たずコドモのソリだけ持参…。
ゴルフは趣味になりかかるところまでいったのだが我が子を授かり縁遠く。
この5年で……えーと……3、4回コース回った、か?

 
<3>クルマの周辺
ミーティングの類いにはとんと顔を出さず。
クルマ好きが集まってツーリングって楽しいのだけれど、ね……。

 
<4>飲み!
コレが一番極端かも。
かつては週5日、年300日飲み歩いていたのに、
今や年に1、2度のみ!!!(号泣!)



いやもう悲しいじゃないか。ひとりの成人男性としてどうなんだ!
ってまあでも自分で選んでやってることなので不満を述べるのが間違いなのだが…。
でも若干心に寂しいモノがあるのは否定しない。
今私の中で趣味と言えそうなものは、映画だ。
コレは我が子が寝静まった後でDVD観たり出来るからね。
あとは、カメラ、写真ね。
コレもコドモと遊びながら出来るし時間を取られないからね。
趣味と我が子との時間を共存できる唯一の趣味足るモノだ。
それに仕事にも大変有用だから、カメラ趣味ってのは日常に溶け込んで素晴らしい。

あとクルマ馬鹿だけは捨てられない。
ミーティングとかツーリングはガマンしているけれど、でも楽しい。
コレだって仕事しながら運転してるわけだから誰の迷惑にもなってない。
余計な時間、取られてない。

で仕事中にクルマの写真を撮る、という黄金率が誕生するわけだ……。
オレはホントにコレでイイのか……じっと手を見る……。
 
 
 
 
 
 
おっと当初の記事の目的からずいぶん離れてしまった。
ワタシが6年もご無沙汰になってしまっているもうひとつの大きな趣味。
 
 

それは、「ライブ」かしこまっていうとコンサート。

高校生の頃からライブに通い出して、
最盛期には月3回くらい、それ以降も月に一度くらいはライブに行っていた。
それが途絶えたのが6年前なのだ。
 
実際のところは我が子を授かったことで縁遠くなったわけではなく、
上のリンクの記事にあるのだが最後に行ったホテイさんのライブで、
"Fly Into Your Dream"という曲のギターソロでものすご高音が炸裂するんだけど、
そこであまりの轟音にワタシは初めて身に異変が起きてしまったのだった。
動悸を感じて、リズム隊の圧に耐えきれなくなり……。
   
  
ワタシはイスに座って耳を塞いでしまった。
 
 
ライブに行くのが怖くなってしまったのだった。
  
 
その後我が子が誕生したことで益々ライブから足は遠のき、
思い起こしてみればかれこれ6年もライブに行かなかったというわけだ。
 
 
 
そんなワタシが先日、一念発起してライブに行った。
それも市民会館とか公会堂とかではなくキャパが200人ほどのライブハウスへ、だ。

  

MANGA

MANGA

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: スリーディーシステム
  • 発売日: 2009/05/13
  • メディア: CD


 
 
 
一週間ほど前になるまで行く気になれずに居たのだが、
フランス、ドイツ、韓国とツアーをこなしていた彼らが
せっかく我が街に初めて来るんだし、ギリギリだったけれどチケットをゲットした。 
    
その日、コンクリートの階段をコツコツと上がって中に入ると、
あまりに小さなハコであることに驚いた。
オールスタンディングで、ステージはもう手の届きそうな近くにある。
音の逃げ場も無いような場所だ。
 
ワタシはライブハウスに到着して中に入ってからなおも、
実際のところちょっとビビっていた。
こんな場所で大音響に囲まれたら、またカラダがおかしくなってしまうんじゃないか、と。
このご時世でなお喫煙可なそのライブハウス内で、
煙草に火を点けて必死で平静を保とうとしていたけれど、でも内心ビクビクしていた。

何人かの知人友人とばったり出くわしたおかげで助かった。
近況報告みたいな会話を交わしているうちに徐々にココロは落ち着いて来た。
 
 
やがて、オープニングアクトのグラムロックバンドが出て来た。 
  
その時。
 
予想を超える轟音にココロが思わず後ずさりしてしまったダメダメなワタシ。
 
いやもうかつての自分が信じられない。
音の洪水の中で聴覚というものはもはや役を為さず、
そしてベースとドラムが空気を歪ませてワタシの胸にしがみついてくる。
心臓まで激しく揺すぶられて、ワタシはココロの中でこう思ってしまった。 
  
  
…や、やっぱムリだ……場違いな場所に戻って来てしまった……。
  

出口をチラチラと見ながらいつ出ようかいつ出ようかと
きっかけを探していたワタシ。
 
でも出て行かなくて良かった。
  
MCやメロディアスなナンバーに身を浸らせているうち、
全身を揺さぶる大音響がやがて心地良いものに変わって来た。
 
音の洪水の中で、やがて音に集中するようになっていった。
 
 
 
そしてオープニングアクトが終わり、
メインのセッティングが済むと、待ちかねていた彼らが出て来た。
 
 
 
で、結論。
  
  
  
  
  
ザムザ、死ぬほどスゲーーー!!!!!
  
 
 
 
 

 
 
 
 
てゆーか上手すぎ!!!!!
  
  
  
  
ヤバすぎ!!!!!
  
  
  
  
ジュディマリのリズム隊って、あんなスゴイかったのっ!!!!!!!
 
 
 
 
それも何というか……酸いも甘いも噛み分けた本物のオトコたちが、
自らの発する音に全人格とプライドを賭けて闘いに挑んでいるような………。
 
お互いが音という名のナイフを差し出し合ってギリギリせめぎあっているような…。
  
あの緊張感がタマランッ!!!!
 
特にドラムをついつい見ちゃうんだけど、
そのパフォーマンスに目が釘付けになってしまった。
  
 
6年ぶりだからワタシの感覚が貧弱になってしまっているだけなのかもだけど、

”あんなにクオリティ高くCDよか演奏ウメーなんてアリかよっ!!”
  
という驚きにも似た興奮で
ジッとドラムやベースやギターの動きを追いまくってしまった。
  
 
 
え?
 
 
 
我が敬愛するヴォーカルさんですか?

 
 

我が敬愛する辻仁成さんは……よかったですよ……うん、良かった…。
相変わらず音程めちゃめちゃでしたけど…でも声自体の力が強くなってる。
歌も上手くなってるし……高音の伸びが格別!
あとクドくも感じられた不要なヴィブラートが減ったおかげですごくワタシは好み。

ラウドロックたるザムザの音とも合ってる気がするね!

あとは……あのカラダクネクネと衣装が……コメント自粛(苦笑)

 
 
 
  
ってゆーかその後昨日もABARTHでずっと曲を流してたんだけど、
楽曲のクオリティが自体がめちゃんこ高いことをライブを見て改めて感じた。
    
いやホント、スゴイわ……。
 
辻仁成さん改めZincWhiteさんのアタマの中身を見てみたい。
フツーの人って脳の5%くらいしか使ってないっていうけれど、
彼は3割4割使い切ってる気がする。
それに五十路であんなのアリか…カラダ出来過ぎやろ…極細マッチョ?
 
  
  
  
いや〜スゴかった……6年ぶりでイイモン見せてもらった。
 
 
 
 
我が最大の懸念たる「音を聞くことに対する不安」なんで何処へやら。
 
 
 
 
アレがライブだよ。
 
 
 
 
ライブは、あーでなきゃ!!!!
 
 
 
 
 
そして素晴らしい演奏を聞かせてくれてありがとう!!!

 
 
 
ただ惜しむらくは。
 
小説だソロだ脚本だ映画だやってなくて、
せめて10年前にこれだけの「音楽に対する情熱」を叩き付けて欲しかった……。 
 
アナタもそうだけど、サ。
 
コチラも四十路手前なんだよ……。
2時間半もオールスタンディングで…足パンパンな運動不足オトコ…(号泣!)

帰りのABARTHのクラッチがツラかったの何のって!
 
五十路のZincWhiteさん見習って、ちったぁカラダ鍛えなアカンかも……。

nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 3

Nishi

すごく楽しかったんですね♪

ライブの轟音・・・・・・・・・私もしばらく遠ざかってます。


フュージョンのジャムセッションとか、久しぶりに聴きに行きたいなぁ。
by Nishi (2009-08-23 00:25) 

DARKSIDE TK

nalさま

こんにちは
本日も仕事中にコメント…(汗)

nalさまはアラフォー世代なんですね(笑)ワタクシもアラフォーです。

nalさまのブログ見て振り返っちゃいましたよ~(ある意味振り返りたくない現実?!最近はクルマも封印。貧乏カネヒマナシです(;_;)…)

CDはかつての100分の1も買ってないですし、新しいミュージックシーンなんか知らないし、iPodですら使わなくなっています…本当は音楽好きなんですけどね…昔は週に5~10枚は買っていたのに(T_T)

勿論、ズッとライブなんか皆無ですが、このブログ見てライブやギグに行きたくなりました。人間楽しみが無ければいけませんよね…そういえばワタクシ、イタ車歴長い割にミーティングの類いは無縁だなぁ(・_・;)
by DARKSIDE TK (2009-08-23 10:55) 

nal

>Nishiさん
Nishiさんは自らやってらっしゃるじゃないですか…。
たまには楽しいですよね!
ワタシはお酒飲みながらジャムセッション、行きたいです。
>DARKSIDE TKさん
ありがとうございます!
やっぱそうですよね!!趣味は後回しなカンジで…しかし週10枚ってスゴすぎます。ワタシは多いときで月に5、6枚でしたね。今は年に2枚くらい買うかな〜ってカンジです。
やっぱたまにはココロをパーッとさせないと、仕事のしがいもないですもんね。


by nal (2009-08-24 11:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0