So-net無料ブログ作成

パンドラに居た [映画音楽本とか]

やっぱ失敗だったなんて思っていた自分が恥ずかしい。 
失敗だと思ってた理由、それはただひとつ。

メガネをかけて出向いたこと。
もうこれは何が何でもコンタクトレンズをして行くべきだった。
たまにしか装着しないコンタクトレンズ。

わずか2時間半だけのための、コンタクトレンズ。
 

しかし、それだけの価値がある。
  
 
  
断言する、何をさしおいても映画館で見る価値がある。
 
  
 
 
 
 
avatar.jpg
"AVATAR"
http://movies.foxjapan.com/avatar/

 
 
 
昨夜、21時まで家族が居ないということでさっそく劇場へ足を向けた。
ワタシの行く劇場で「3D上映」が夕方からしかやっていなかったから、というのが理由。
まさに昨日はジャストなタイミングだったから仕事を切り上げるとすぐ劇場に向かった。
   
3D上映は、3D用のグラスをかける。
最初に装着した時に、すぐに感じたのだ。
   
…こ、これでは鼻で止まらないではないか!と。
  
3Dメガネ on、メガネ。
鼻で止まるわけがない。
だからズリズリと3Dメガネが落ち気味になってしまう。
上映がはじまっても、最初の頃はメガネが気になって全然集中出来ない。
ズリ落ちているのをあきらめて今度はアゴをあげて角度を調整したりして。
    
  
でも、そんな雑念にかられていたのは最初の10分ほどのことだった。  
 
 
詳細について書くつもりはない。

あなたも劇場へ足を運ぶべきだ。
それも可能であれば、3D上映の劇場へ。
 
 
メガネのことなんて、すぐにどうでも良くなった。
というよりも、あれほどまでに上映中に劇中に入り込んだのは久しぶりの体験だった。
他の一切の雑念なく、ただただ画面の中の物語に入り込む時間。
展開される物語と、そこを駆け宙を舞い苦悩する者たちのことだけに脳が支配される時間。
  
「観るのではない。そこにいるのだ。」 
 
劇中で主人公はアバターなる分身を使いナヴィとして生きるのだが、
それと同時に劇場に居るワタシたちもパンドラに居るかのような錯覚を起こす。
 
映画が終了してエンドクレジットが流れ始めても、
現実に戻れずに放心したまま、ただクレジットを眺めている自分。
  
 
アバターは映画ではない。優れたアトラクションだ。
大人のための、2時間半に及ぶ上質な異空間旅行だ。
 
  
通常の2Dでこれほどまでに劇に入り込めるのかは、ちょっとわからない。
家にあるテレビではきっとこの感覚は得られない。
たとえ50インチのプラズマでも難しいだろう。
壁一面のプロジェクターを持ってこないとこの感覚はきっと、得られない。
   
   
ぜひもう一度、パンドラへ行きたい。 







 
 
今までに見た映画の中で、
物語の世界から抜け出すのに苦労したというか、
終わった後もなかなか現実に戻れなかった映画の代表はこれ。




グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: UPJ/ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


 
 
コロセウムの轟音とマキシマスの出で立ち。
あの世界に浸かってしまうとなかなか元の世界に戻れません…。
ちなみに当時劇場で2回観た。同じ映画を2回観たのは初めてのことだった。
アバターとグラディエーター。
ある意味ストーリーとしては奇をまったくてらわない王道で普遍的なものなのだが、
だからこそ監督の意志がストレートに伝わるように思う。 
 
 
   
他にも終演後に物語から抜け出すのに苦労したのはコチラ。
 
 
 

ユナイテッド93 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

ユナイテッド93 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: UPJ/ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


 
劇場では観ていない。DVD化されてからはじめて観た。
最初に観たときに、意味もなく体が震えて涙がこぼれたことは今でも忘れない。
   
 

タイタニック [DVD]

タイタニック [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


 
言わずと知れたタイタニック。
でも正直に書くけどあんま好きでは、ない………。
抜け出すのに苦労したのは、ただ「長かった」だけだったのか、な?
好きな方、スミマセン!ワタシがロマンチストでは無いだけですスミマセン!


画面を観てあっけに取られてボーゼンとしてしまったのは、コレだな。 
  
 

ジュラシック・パーク 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]

ジュラシック・パーク 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


  
  
ジュラシックパークって何年だっけ?
1993年か……windows95の前だな……。
てことはインターネットもほとんど普及してない時だったのか、あれは…。
 
ほんとに、画面の中の恐竜たちを観たときはボーゼンとしたよね。
「映像の革命」と言う意味ではコレでしょう。
他にはターミネーター2の液体金属のヤツ(T-1000)も驚いたなぁ。
 
 
 
きっと他にも誰かが書くとは思うけれど、
アバターの骨格はこの映画に酷似しているように思う。
 
 

もののけ姫 [DVD]

もののけ姫 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD


 
 
正確に言えば、ナウシカのともののけ姫の世界観を足したって感じかな。
ナウシカは昔から好きで、コミックまで全巻揃えてしまった。
もののけ姫ははじめて観たときは正直いって「え???」ってカンジだった。
でも後になってDVDで見返すと当時とあまりに印象が異なっていて、
今ではもののけ姫は私の中では宮崎アニメとしてはナンバーワンにしてもいいくらいお気に入り。
 
そしてアバターが何より素晴らしいのは、
あれだけ一般的に受入れ難い設定でかつCM観たことある方ならわかると思うけれど、
お世辞にも感情移入しやすいとは言えない奇怪なキャラクターで、
どっぷりとパンドラの世界に浸らせてくれるところ。
「カッコイイ」とか「キレイ」とか普通は絶対思わないでしょう……。
  
なのに観ている途中にはナヴィの表情から、
その感情が手に取るように感じ取れるようになってくる。
 
そうそう。
ダンスウィズウルブスも骨格としては同じ、だな。



nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 5

arukakat

そんなにスゴイんですか~。3Dはその昔、ハウステンボスのシアターで何かを見た記憶があるんですが(目の前で炎が・・・!!な)、楽しそうですねぇ~。
クルマモノの映画も3Dでやったら、かなり楽しそうじゃないですか。
ミニミニ大作戦ドライバーズアイ、とか(ラリーのDVDかよ・・)。
by arukakat (2009-12-26 23:19) 

アキオ

俄然に見たくなりましたw
正直、設定に戸惑ってたのですw

わはは。
by アキオ (2009-12-27 19:39) 

nal

>arukakatさん
ワタシだって'90頃のキャプテンEO以来の3Dでしたよ…(笑)
いや〜ぶったまげた。3Dで最高に効果を得られるアングルや設定で画を構成してるっていうのか……とにかくスゴイです。出来れば雑念一切排除出来たほうがこの映画はより楽しいので、吹き替えのほうが良いのかも。ワタシは字幕で観ましたが、字幕を目で追うのが「一雑念」になってしまいました…もう1回観ます。絶対。今度は吹き替えで観ます!
>アキオさん
でしょ、あのキャラクターを主役にしようなんてフツー思わないでしょ。コケる可能性を自分で上げてるっていうか……でも、スゴイんです!!!ナヴィは「デカイ」んですが、途中から「人間ってちっこくて醜いな…」なんて思う自分に気付きますよ!

by nal (2009-12-28 11:21) 

papa007_

遅ればせながら、面白かった~
機会があったら次はIMAXで見てみたいです。
海外の映画は基本字幕なんだけど、
3Dは字幕の文字にも奥行き感が出て目で追うのにちょっと疲れますよねー
by papa007_ (2010-01-29 11:32) 

nal

>papaさん
あの非日常体験っぷりは旅行ですよね〜。ワタシもIMAXで見たいです…やたら評価高いですもんね…ワタシも今回ばかりは吹き替えのほうが良いのではないかと思いました。吹き替え、見に行きたいです!

by nal (2010-01-30 09:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。