So-net無料ブログ作成

SHADOWS#2 [♡Photos]

03.jpg


山頂についてすぐに、”しまった〜”って思った。


ホントは、真っ赤に染まった夕陽を狙ってたんだよね。

山頂に着いた時刻、だいたい16:30頃。
まだまだ太陽は地平線よりずいぶん上にあったのだった……。
 
 
いやもうあり得ないくらいの逆光で、まぶしくて直視出来ない太陽ちゃん。
コレじゃどーやって写したってカッコ良く撮れない。
露出明るく写せば空は真っしろけ、逆ならABARTHが真っ黒くろすけ。
  

ワタシは、キレた。

キレたあまりにこんな設定で撮っていたのだった。
    
  
   
絞り=F22、露出=マイナス4.7EV………。
 
 
どーせ太陽をバリッと入れて写すなら、
「光芒(?)」がドヒャーーーって入らないかな〜って思って。
    
 
そしたら見事、期待通りに放射線が現れたではないかっ!!!
 
 
 
太陽サマから放射状に光の筋が、どひゃーーーーーー!!!!
 
 
 
 
ウーム。

満足、世は満足じゃ♡
 
みたいなカンジでめっちゃ嬉しくなって、
せっかくだから16時30分の明るすぎる太陽サマを捉えてやろうと
あーだこーだ撮っていたのであった……。
 
 
 
あーちなみに言っとくけどマイナス4.7EVって強力ね。
 
 
 
111.jpg



RAWそのまんまCameraRAWでイジらず現像するとこんなんっす。
JPEGで撮ったほうは、今さら暗部を持ち上げたって黒つぶれは一切回復せず。
 
RAWの懐の深さに期待して、見事それに答えてもらったのであった。
 
  
  
07.jpg
Av=F11/マイナス1EV

   
   
   
コレはPモードでプログラムシフトめいっぱいやったんだけど、
F11より上には絞られず。
Pモードの限界は、F11なのかな?
4/3でこれ以上は回析現象起こるだけで意味ないから、かな?
  
でもボディの反射がお星様になってるね、ウム。
 

 

04.jpg
”ABARTH車内に射した夕陽と映り込みの競演……”

 
 
 
01.jpg
■Av=F20/マイナス2.7EV■
…コレはゴーストというよりも、レンズが汚れてるだけ、か…?

 
 
 


長年、一切写真というものに興味がなかった。
逆に旅行なんかで嬉々として写真を撮りまくる行為には恥ずかしささえおぼえたものだ。

「写真なんか撮ってないで今この瞬間を記憶に焼き付けなきゃ!」
 
ってホンキでそう思っていたし写真撮らない旅行なんて数知れず。
ハタチから三十路くらいまでの写真なんて本当にちょこっとしか無い。
 
そんなワタシがコドモが出来てコンデジで写真を撮るようになって、
んでもってキョーミが出てきてデジイチ買ったのが3年前。
んで今に至る、と。
 
そうすると、たとえフォーサーズと言えどもコンデジよりか
遥かにセンサーのサイズは大きいので、背景がボケる。
主役がふわっと引き立っちゃってそれ以外はボケていて、
今まで雑誌とかでしか見た事の無いようなプロみたいな写真が出てきてビビる。
 
”うううわあああ!スゲエ!スゲエじゃんデジイチって!!!”
 
みたいなカンジで、ドツボにハマる。
で、たいていそういう勘違い野郎ってのは何でもかんでもボカしたくなって
気付けばいつも絞り開放で撮っているという……。
 
ってノーガキ長いんだけど、
ぶっちゃけ”絞る変化”ってのをワタシは今まで十分満喫してこなかったと思う。
コドモ写真で失敗したくないときにプログラムモードで撮ることはあっても、
自ら絞り優先モードであえて絞りまくってみる、ってのをあんまやったことが無い。
  
今回はホントに珍しく、
真っ赤な夕焼けも望めないしこんな超逆光なら開き直ってやる!!
 
みたいなカンジで(極端に)絞って撮る、ということをやってみた。
  
 
 
いや〜やっぱ、カメラってオモシロイね!!!
  
 
 
デジイチ買って4年、んでもってRAWをおぼえて1年。
 
暗部はRAWである程度諧調を残せるだろうってのを期待しつつ、
空が白トビしないで光芒が鮮やかになるまで露出も落として、
んでもって絞り倒して撮る。
 

一応、この年になっても学ぶことは出来るな〜と、
出来上がってきた写真をMacBookProで眺めながら、
ひとり悦に入っていたのだった。
 
あ。
 
もひとつオマケに。
仕事でも毎日カメラを持ち歩いているのであるが、
ここ2週間ほどは何故だか我が旧機であるOlympusE-330を持ち歩いている。
2006年発売の4歳のデジイチくん。
 
でも。
 
全然OK!確かに暗いトコではAF合わんし(冒頭の写真でABARTHにピント合わせるの苦労した!)
AUTO-ISO効かんからイチイチ光の具合見てISOイジらないとイカンし、
ダイヤル1コしかないんで露出補正にひと手間かかったりするけど、
 
でも全然OK!!
 
楽しい!!!
 
逆に現役機OlympusE-30よりか100g以上軽いのと、
ライブビューAFが超速なのが身軽で快適だったりする。
 
 
いや〜オモシロイね、やっぱ。
PENが出てパナGF1が出て、ブツヨク的にソワソワすること多数だけど、
まあ基本的には4年オチのデジイチでもぜんぜん快適。つーか何とでもなる。
 
逆に今は、この快適さをさらに快適にするために、
このレンズが欲しかったりする……。
 
 


OLYMPUS 交換レンズ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8

OLYMPUS 交換レンズ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: エレクトロニクス





コレをE-330に付けたら、
PENよりか快適かもな〜なんて妄想中……。

んでもこのレンズにちょこっとプラス投資すれば、
GF1にF1.7のパンケーキ付いてくるんだよな〜………。
 
 
と妄想は堂々巡りで止まらないのである………(苦笑)

 
 


■PHOTOS■
■DSLR■Olympus E-330
■LENS■Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5 II
■DATE■2010.01.26 16:30

nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 8

コメント 6

DARKSIDE TK

nalさま

こんにちは。

以前コメしましたが、恥ずかしながら所有のデジイチの出番が全く無い状況にありまして(汗)…ワタクシも使い始めたら確実にハマる筈ですので、それまでnalさまのブログ見て勉強させていただきまーす(笑)

追伸
Rosso見ちゃいました^^; あれは確実にすっぱ抜かれましたよ(爆)
4ポルテ安いですよね~欲しいなぁ
by DARKSIDE TK (2010-01-28 12:15) 

M

そういう場合はHDRですって(^^
by M (2010-01-28 12:20) 

アキオ

旧くても楽しく使える、、
ですよね、、
オイラも70s全然極めてないし、、
カメラの物欲も失せちゃったので(レンズは欲しいけど。)
まだまだ使い倒そうかなと。

物より思い出、、ほんとにそうでした。
自分も20代の写真ってほんと無い。。

いまでは、写真でしか残らない景色、とかも含めて、
カメラ持ってくでしょー、って感じになっちゃってます。
というか、子供のおもちゃまで撮っちゃうようになってるしw
by アキオ (2010-01-28 18:13) 

nal

>DARKSIDE TKさん
い、いえいえ勉強だなんておこがましい……(汗)
ところでrossoですが、ワタシのようにとりあえず中古サイト開いた方が100人以上は居るんじゃないかと…(微笑)
ロク出せば相当なのゲット出来そうですよね〜悩ましいですねっ。
>Mさん
RAW1枚じゃHDRキツイっすよ〜露出ブラケットで合成しないと…。マイナス4EV~2EVくらいの3枚撮ってればイイカンジになったかもですねぇ。
つーかワタシ、ずっと黒つぶれがイヤで暗部の諧調を持ち上げるマニアになってたので、あえて黒つぶれを残してめりはり付ける、に最近チャレンジしているのでした♩
>アキオさん
失礼なこと書きますが70sと90じゃたぶん、別世界ですよ〜(と誘ってみる、笑)でも…大局で見ると進化してたって写真に変わりないやん、な自分も居たりします。
そしてシンケンジャーのロボット相手にマクロの練習しているのはワタシです(苦笑)

by nal (2010-01-29 09:29) 

DARKSIDE TK

nalさま

こんにちは。

ワタクシもカー〇ンサーとか超調べました(笑)

でも、ワタクシ更に検索がエスカレートしてしまいFerrari 412のマニュアルとか見つけちゃいました^^;

412/400系は4ポルテより実は欲しい…しかも稀少MT…キャブに(できれば)コンバートして…どうしようかなGiuliaスパ…(爆)


by DARKSIDE TK (2010-01-29 13:54) 

nal

>DARKSIDE TKさん
調べましたか(笑)
ワタシもDARKSIDE TKさんのコメントに誘発されて、ついつい見てしまいました。456と、モンディアルですが…モンディアルがあり得ない価格でビックリしました。あれなら何事かあっても後悔しなさそうで…ジュルッ。

by nal (2010-01-30 09:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0