So-net無料ブログ作成

最強うりん [住まいインテリア雑貨]

03.jpg

 
最強うりん新調。
またの名を、人柱シリーズパート2と言う………。
 
 
先月、我が家の一部をイジった。
つーかよくイジるなーワタシ。
やっぱ好きなんだろーな〜ってのは置いといて。
 
上の写真は、新調後である。で、新調前はこんなんだった。
 
 
 


2006.04.15「あらたな芽吹き」

 
 
 
えー良い写真が見つからなかったのでカンベン。
よりわかりやすい写真が見たい方は上のリンクへ飛んで下さい。
 
載せたかったのは、ウッドフェンスである。
 
6年半まえ、結婚にそなえて「えいやっ」とリフォームした。
家の中ももちろんだけどエクステリアもいろいろとイジった。
なかでもハイライトは「塀」だ。
 
仲良くしていた会社の方に、作ってもらったウッドフェンス。
 
デザインも考えて、当たり前だけど高さとか範囲とか、
いろいろオーダーメイドで作ってもらって満足至極。
 
 
 
 
 
なんだけど。
 
 
 
 
 
 
朽ちました!(号泣!)
 
 
 
 
いや朽ちきったわけじゃないんだけど。
「モノ」のせいだけではないんだけど。
 
まず独立して立っていた木のパーテーションについては、見事に倒れた(苦笑)。
1年くらい前だったかな。根本からポッキリ折れて倒壊しましたよ!!
 
ワタシは、処分すべく分解した。
 
そしたら。
 
 
 
 
見事に腐っていて、
そして中には無数の羽ア○さんがあああああ!!!!!(驚!)
  
カタチを見たところシロ○リじゃなかったんでまだイイんだけど、
でも完全に木の中は完全に「アリのお屋敷」状態になっていた。
※ただの羽○リと、シロ○リさんは形も違えば別物ですからね〜。
  
んで木の本職である違う友人に見せたところ、
「コレ、一部ホワイトウッド使ってあるんでメンテしないとそりゃあこうなるわねぇ…。」
と言われる始末。
 
つまり。
 
 
 
ワタシが悪い!!!(泣!)
 
 
そうそう作ってもらった時、
職人さんにキシラデコール(木の塗料)の缶々とハケを渡されて
「頑張ってね!」って言われてたんだった。
いやそんなこと百も承知だったんだけど、面倒くさくてやらなかったのだった……。
 
一方のウッドフェンスについては。
 
木についてはヒバを使ってたので腐りはなかったのだけれど、
でも「メンテ」してないもんだから経年変化と灼けで表面ボロボロ。
異様に日当たりの良い場所なのでけっこう派手に反っちゃったりもしてて。
しまいにゃクリスマスイルミの飾り付けん時に、
あろうことか補強してあった火打ち梁を折ってしまう始末。

背の高い(1.8~2.2m)フェンスだったので、
台風来たら倒れるんじゃないかと思うと心配でタマラン。
    
  
つまり、すべてはワタシの責任なのでございます………(汗) 
 


で、先月。
 
ふたたび人柱にならんとすべくウッドフェンス新調に踏み切ったのでしたーーー!!!
 
 
  
 
 
02.jpg

 
 
 
 
えーでも。
  
誰も気付きません(爆)
ウチの彼女とワタシ以外、誰も気付かないくらいの差異しかない……。
まあそれを望んで色も決めたんだ、け、ど、それにしても違いが無いであります! 
 
ちなみに今回、人柱として選んだのがタイトルにある木材、「ウリン材」。
10年くらい前から、ちょくちょく耳にするようになった木材「ウリン」。
 
それはインドネシア等で取れるおそろしく固い木。

英名で「ボルネオアイアンウッド」って言うんだから。
  
「鉄の木」なんだから!!!
   
めっちゃ固くて虫も食わない(絶対ではないけど)。
水にも強い。つまり、腐らない(絶対じゃないよ)。
 
 
雨の日なんて凄いですよ。
まったく水分吸い込みませんから。水玉弾きまくり!!!!
アラフォーが見たらうらやましくて嫉妬しちゃうほど弾いちゃいます!!!

つまり「外の材料」としては最強の木材なのである。


なのでちょっとね……やっぱここは「人柱」になっとかないと。
せっかくだしサ。
「木粉混入プラスチック製フェンス」なんてニセモノでお茶を濁してる場合じゃない!!!
 

で、結論。
 
 
 

満足♪
 
余は満足じゃ♪♪
 
 
 
ついでに一部「こうしたい」な部分もちゃんとやってもらったしサ。
 
 
 
 
01.jpg

 
 
 
 
我が「ネコの額」な庭への入り口が出来ちゃいましたーーーーーー。
 
えー今までこの部分は、グリーンのネットにて完全封鎖されていました……。
前に書いたことあるけど一時期野良ネコのトイレ状態に陥っていた我が家の花壇。
怒りに震えた彼女があらゆる「入り口」を完全封鎖した結果、
外からは人間まで入れなくなっていたのでした。
 

2008.12.15「そこで寝なくてもイイんだよ」
2009.01.28「侵入者との熱き闘争」


だからね、入り口作ってもらったの。
  
コレでよーやくワタシも庭に入れる!(爆)
  
 
 
 
最強ウリンを出迎えた我が家の人柱シリーズ。
さて、5年後はどうなっているんやろか。
 
てか、今度はちゃんと「ぬりぬり」しよう………。
 
最強ウリンでダメだったら、
我が家は「ウッドフェンス」付ける資格ないもんな……。
 
 
 



<おまけ>

0524-01.jpg


我が家のシンボルツリーさん、今年も花を付けました!!!

が。
 
去年は10輪以上あったのに今年は2輪だけ……。
やっぱ冬に栄養与えないとあんま咲かないってことなのかなぁ……。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 6

コメント 2

アキオ

いや、、これかっこいいっす。
うちも親父の代は建築屋(規格、施行)、こういうのはほんとに、、

「なんとなく、違う気がするよねぇ」

というのがすごく価格の違うものだったりするんですよね。
(ちがってくる、というか。結果的に)
建材って、極少量であれば、大した負担ではないけれど、
いざ、必要量がかさばれば,すごい金額になっちゃいますもんね。
とくにエクステリア関係は。。。。
うちも、あまり建材の高級品を持って来て、一部に使うデザインに変えた所が、
結果的に、すごくその部分が違和感が出て来て、ないた、とか。
屋根瓦に、、このくらいでないと、、と張り込んだら(やっぱり長持ちするんだけど)
「(アキオに)おまえ、、これ、ふき替えるときは覚悟しとけよ」的なことになっちゃったりとかw

見た目、すこーしイイモノっぽい、がほんとキモなんだなぁ、と
建材に関しては思っていますよー。
いまは、タイルとかそういうのが、発達していて、
結構お手軽に、いろんな「ナントカ風」が出来ちゃうんですけど、
そういうこだわりが出来るのが(これ見よがしじゃない本物)
日本人の美観だったのになぁ、と思ってしまいます。
(おくに変われば、これ見よがしがいいのだ、という所もあるけれどw)
by アキオ (2010-06-08 23:55) 

nal

>アキオさん
ありがとうございます♪
たいへん格好いいのであります!!
前のヤツは…こだわって支柱まで「木」にして地面と接するトコは基礎パッキン挟んだりしてたんですが、でも朽ちました(爆)
今回はアルミ支柱プラス、ウリンで耐久性狙いです。
自己満足ですが、マジ格好いいですよん。
やっぱ家は、外回りと照明でイメージ相当変わりますね。
たっかい家具買うよか遙かに費用対効果高いです!

by nal (2010-06-10 09:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。