So-net無料ブログ作成

病院に行こう [想い]

01.jpg

病院がキライだ。
オトコの人だとよくあるかもしれないんだけど、そうそう病院には行かない。
カゼや少々の熱で病院に行くなんてことはあり得ない。
  
だって治るじゃん。放っておいても直に治る。
病院なんて、3年に一度くらいしか行かない。※健康診断は除きます。
人間にはそういう自然治癒力があると思っているし、だから薬だって滅多に飲まない。
その結果、たまに薬を飲むとめちゃめちゃ効いたりもする。
    
そんなワタシにも関わらず現在、頻繁に病院へ通っている。
   
事態は先々週の土曜日、まさに突然にやってきた。
人様には見せられないような部分が、突然ぷっくりと腫れ上がったのだ。
って思わせぶりな書き方だな。
上の画像あたりの場所ね、足の付け根のあたり関節あたりかな。
   
それはアブなんかに刺されたような腫れ方で、ワタシは相当驚いた。
 
薄くピンクっぽくなっているのだが、特に痛くはない。
でも中にちょいとシコリっぽい感じもある。
リンパが腫れた、というにはちょっと場所が違うような気もする。
   
すごい気になったしイヤだったんだけど、とりあえずワタシは。
  
  
  
  
無かったことにした(爆)
  
  
  
なんでこんなん腫れちゃったのか不安だったけれど、まあそのうち治るやろ。
そんなカンジで翌日曜日には町内の獅子舞いにも参加して歩き回ったし、
とにかくまあ無かったことにしたのだった。
   
しかし。
    
日を追うごとにみるみる腫れが大きくなってきた。
アブにさされたみたいに頂点があってプックリみたいな腫れ方だったものが、
中央にウィダーインゼリーを蓄えているようなカンジになってきた。
痛みも日に日に強くなってきた。 
さすがのワタシも、ちょっと不安が大きくなる。
だって育ってるんだもん。明らかに育ってる。
でもまあ、病院はキライなのでやっぱそのうち治るものと言い聞かせ放置(苦笑)
しかしさすがにパンツに擦れて傷みを感じるので、軟膏を塗ってガーゼで覆った。 
      
   
そして発生7日めの金曜日。
   
   
で、でかっ!!
   
噴火口のふさがった火山みたいになっている。
真ん中の火口部分は500円玉x高さ5mmくらいのウィダーインゼリー。
肌もただれてるっていうの?
患部を中心に15センチ四方くらいがカツオのタタキみたいな色に。
傷みもどんどん増してきた。
そうそうなことでは病院なんて行かないワタシだが、さすがに心配になってきた。
  
…ちょ、ちょっとコレは……ヤバイんでないの?………(汗)
  
コレは何だ、一体何なんだ。
ぶつけたり傷付けた覚えも何もないのに、突然に足の付け根に現れた火山くん。
それはわずか7日でみるみる腫れ上がっていった。
 
…仕方ない…病院、行くか……。
 
先週の金曜日、ジンジンとした痛みを抱えながらワタシは病院へ行った。
ほとんど病院へ行かないワタシが、自主的に向かう久しぶりの病院。
   
   
  
先生は火山くんを見るや否や、こう言った。
 
 
「あら〜頑張っちゃったねぇ〜!」
 
 
が、頑張っちゃいましたよ……。
やっぱ頑張っちゃいけない類のモノでした、か……? 

 
「コレね、どんな理由がわからないけどバイ菌が入っちゃったんだわ。」
「このブヨブヨは膿みね、まあ切って出すしかないねぇ。」
  
  
え!と驚いて見せたけどまあ覚悟はしていた。
切開して出すんだろうな〜という気はしていた。
  
で。
   
「皮膚切るから、麻酔するね。ちょっと痛いよ!」
  
  
この世に生を受けてウン十年、我が初めての麻酔体験………。
   
   
「でもね、コレは皮膚を切る時のための部分麻酔だから。」
「膿みをかき出す時は効かないからね、痛いからね!でもしゃーないから。」
    
「は、はい……。」
嫌だって言いたいけど言えないだろう、ハイしか選択肢のないコトバはやめてくれっ!
    
「全身麻酔しないとムリだけどコレで全身麻酔なんてしないでしょ。」
「だから痛いからね!痛いけど我慢してね!」
 
 
「は、はひっ。」
 
 
 
ぐりりりりりりりりっ。






イ、イッテエエエエエ!!!
 
 
その場では普通くらいの大きさで「い、いてっ。」って言っただけだけど、
そりゃもう痛かったさ。
中の筋肉、直に触れられてる感じ?
つーかよくわかんないけど本当に触られてる?
  
とにかく、針でブスブス刺してるみたいな鋭利な痛みが
どっかんどっかん炸裂さ。

 
 
「ホラね!痛いでしょ!でもすぐ終わるからね〜。」
  
  
  
ってノン気に言ってんじゃねーよっ!
いや、ある意味ノン気に言ってくれてたのが救いだったかも。
  
とにかく針プスプスの激闘は、30秒ほどで終わった。
 
 
「今ね、ここでっかい穴が空いてるから。」
「ガーゼで塞ぐからね、痛いよ!」

ワタシは患部を見ることもなく痛めつけられ、
最後にまた明日来てねという言葉で終わった。
  
 
翌土曜日。
  
  
 
「今日は切開するわけじゃないから麻酔もしないからね!痛いよ!」
  
  
ってイテエエエエよおおおおおおお!!!!!!!
 
 
涙チョチョ切れ!!!
 
 
再び膿みの除去&消毒をしてもらい、この日も患部を見ることなく終了。

そうそう辛いと言えば日々、入浴が辛かった。
ワタシは日々ボーズどもと3人で入っているのだがもちろん出来ず。
ついでに湯船につかることもNG。

そして患部を湿らせるわけに行かないので、
皆が寝静まったあと、ワタシはパンツを脱いで妙な体制で
サランラップで患部を覆い、セロハンテープで固定した。
あれだけは誰にも見せられない光景だった。
 
そして今週もまた月曜に通院し本日も朝、通院。
 
 
 
「おーーー!キミ相当回復早いねぇ。」
「周辺も大丈夫だ。あとはふさがるの待つだけだねぇ。」
「こういうのは縫わないほうがいいから自然治癒を待ったほうが良いね。」
 
どうやら、山は越えたようだ。
そして。
  
  
「見る?もう見てもいいよ。」と先生はワタシに促した。
 
そこには、
患部のまわり5センチ四方くらいがムラサキ色に変色し、
真ん中に自動販売機のコイン投入口の幅を5倍くらいに広げちゃった傷口があったのだった…。
 
 
グ、グロッ。我ながらグロいやんけっ(泣!)
 
 
しかし先生に言わせると、とてもじゃないがずっと見せられないような状態だったらしい。
見せても大丈夫だと思ったのが今日で、それでも十分グロかった。
 
 
今現在でも、たまにジンジンもするしかゆくもある。
歩き辛いことこの上ない。
患部を覆った伸縮テープなんかが不要になるには、あと2週間くらいはかかるらしい。
   
いや〜参った。
  
病院ギライでなおかつ健康体だもんだからめったなことでは病院に行かないワタシ。
でも速やかに行かなきゃいけない時もある。
今回が早く行ってたらこんなことにならなかったのかどうかはわからないが、
とりあえず反省。
  
そんな今回、いちばん困ったこと。
 

 
服っ!!!
 
患部を圧迫すると非常に痛かったのだが、
ワタシは仕事の服でもほとんどがタイトなパンツなのである。
なのでクロゼットの奥から引っ張り出して、
多少なりともルーズめなパンツを履いている。

しかし。
 
パンツのラインがルーズだったらジャケットだってルーズじゃないとオカシイよね。
でも、もうタイトなジャケットしか持ってないの!!!
着丈70cm、みたいなタイトなヤツしか持っとらんのっ!!!
 
毎朝、ワタシは仕事服の上下を合わせるのに四苦八苦している。
 
 
失敗した日は、「短ラン」プラス「ボンタン」状態なのである………。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 6

コメント 7

GEN11

いやー…nice!も失礼なんですが、笑いました。m(_ _)mペコ
写真アップ希望します。…ウソです。

ワタシも胆のう炎で丸一日我慢した時は死ぬかと思いました。
摘出した時、前張りみたいなのをしてもらい、シャワーだけは使わせてもらいましたね。
あのことiPhoneとか持ってたら写真とったのになぁー。
って、誰も見たくない…か(爆)。
by GEN11 (2012-04-25 18:22) 

HIRO

こんにちは。
痛い思い大変でしたね。

何か似た様な思いをしてますね。
自分も、一寸前に膝小僧の少し下に、”いぼ”が出来て、「見なかった事に…」して置いたら、どんどん大きくなって、皮膚科の門を叩きました。
「皮膚の中に細菌が入った結果…」だそうで、いきなり液体窒素を付けた綿棒で、患部をぐりぐり…って、4回通ってやっと瘡蓋になって治りました。

御大事に。
by HIRO (2012-04-25 22:02) 

アキオ

あーーー、なんかにたような事になった事あるような。
ガンガン腫れて、めっちゃ痛いんで、
針を火であぶって、ぶちゅり、とやったら。。
どす黒いなかに血が混ざり、、脂肪のような白い物も(ニキビか?)
まざったドベドベの液体がびゅぅぅ、って。。

病院行った方がよかったべか。。
そんなアキオは、薬剤師さんかわいいのに病院行かない人でしたw
by アキオ (2012-04-25 22:53) 

ゆっきぃ

それは大変でしたね(*_*)
毎日の通院も消毒も大変ですよね。
早く傷口が癒えますようにー

短ランボンタン…ある意味お洒落かもしれませんよー…とか言ってみる。
by ゆっきぃ (2012-04-26 08:21) 

nal

>GEN11さん
笑って頂いて幸いですっ!バカネタにしようと頑張ったんですが今なお進行中で痛いので(泣!)あんま暴走できなかったです〜。
>HIROさん
あまりけが病気に縁がないので、とってもドキドキしました〜。
ってちゃんと治ってくれるといいのですが。
>アキオさん
う……たぶん同じ症状と思われます…。
アキオさんの対処で正しい(てかそれしか方法が無い?)んですが、その後に菌が残って無くて良かったですね。残ってるといつまでたってもその白いものは増え続けるそうです(コワッ!)
>ゆっきぃさん
いやもう泣けますよ〜明日も通院です…。
えー短ランボンタンは、人様に見せられません…お客様との折衝の波が終わって今はあまり無いので、まだ良かったです。
by nal (2012-04-26 09:35) 

アキオ

わー、人のを読んでも、いたい。。
そして、自分のコメント読んでも痛い。。

くぅ、、、、思いだしちゃいますねw
by アキオ (2012-04-29 19:22) 

nal

>アキオさん
遅くなりました…。
ようやく治ってきましたが油断禁物みたいなんで毎日消毒してます〜。

by nal (2012-05-09 10:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0