So-net無料ブログ作成

Suddenly~白いアイツは突然に~ [♡AlfaRomeo]

「ひょっとかするとですね…6月には何とかなるのかな〜なんてね…。」

3月も中盤に差し掛かろうとした頃。
ワタシはディーラーに電話をして、試乗に出向いていた。
 
正直に書くけど、はやく乗り換えたいのである。
ベンちゃんとは、違うクルマに乗りたくて仕方がないのである。
   
そのために、詳細は省くがワタシはあらゆる方策を練った。
 
本来、ベンちゃん縛りは来年の3月まで残っていたのだが、
あらゆる手を使ってでも乗り換えできないもんかと奔走した。
その結果、6月には何とか出来そうだという感触を得るに至ったのだ。
 
えーまだ6月までには3ヶ月も間があったけれど、
ワタシはすぐにアルファロメオの担当さんに電話をかけたのだった。

目的は、2月に1週間貸してもらった赤いジュリエッタ
中級グレードたるコンペティツィオーネではなく、
ベーシックグレードのsprint(スプリント)を確かめたかったこと。
コンペでもどのみち好みの仕様にすることは叶わないんだから、
いっそのことスプリントでいいじゃんと思ってね。
   
<スプリントでいいかな?と思った理由>
     
1,どっちにしてもタン系の鮮やかなレザー内装が無い。
2,サイドスカートとかがワタシはそれほど好きではない。
3,タイヤも小さくても全然構わない。
    
ということで、スプリントどんなもんやろ?ということを確かめたかったのだ。
主に確かめたかったのは、こんなところ。
 
1.16インチ&サイドスカートレスの佇まい 
2,スプリントのフル布シートの感じ。
3,ブレーキがちょこっと違うのでその感触
 
   
ということで、スプリントの試乗車の手配をお願いした翌日。
ワタシはディーラーへと出向いて試乗。
出迎えてくれたのはエトナブラックのスプリント。
さっそく試乗させてもらったのだが、スプリントでも全然好印象だった。
逆にサイドスカートなく16インチのタイヤのほうが佇まいが好き。
ブレーキの感触は、ちょっとイマイチ。
極端に書くとブレーキペダルに足を載せただけでカックンといきなり効いてしまう。
踏み加減によって効いてくれるのが好みなので、ココだけはイマイチだったけど、
こういうのは毎日乗ってれば慣れるレベルでしょう。
  
ボディ色はアンスラサイトグレーなるメタリックが第一候補。
今回欲しかったブルーが無いんで残念だけど、グレーメタはけっこう良い感じ。
ただ一点、インパネのパネルね。
コンペティツィオーネはヘアライン仕上げのアルミパネルが貼られている。
んでもってスプリントはボディ同色の光沢パネル。
ワタシの好みで言うとボディ同色のスプリントのほうが好きなんだけど、
黒とグレーのボディカラーだとインパネパネルもグレーメタになってあまり華がない。
   
アルファレッド選択すると内装パネルもレッドでとっても良い感じ。
ホワイトは見てないけど、ABARTHの白を思うとレトロ感が漂ってきっと素敵なんだろう。
     
なので外装色はグレーメタと思っていたけれど、内装を思うと赤でも白でも良いかなと。
とゆーか試乗した黒も良い色だったんで「グレー指名買い」までは至らず
ちょっと迷うな〜といったところだ。   
   
とりあえずすぐ買うつもりじゃなかったけど、見積もりを頂いた。
ナビ、ETC、マット、iPodケーブル、ラゲッジネット…まあそんなもんかな。
ぶっちゃけるけれど、
ワタシはスプリントならサンビャクゴジュウで納まるかな〜と思っていた。
   
ら!
  
全然はみ出してるじゃあーりませんか……orz。
   
「ねえねえ、コレって買う時にはサンビャクゴジュウで納まるよね?」
    
「え!?」
  
営業さん絶句である。
いや絶句されると思って聞いてないんだけど。
  
「nalさん…今は昔のアルファロメオとは違うんですよぉ……。」
  
かくかくしかじか、結論から書くと今はバカみたいな値引きは一切していないらしい。
それどころか去年のデビューからしばらくは値引きしてなかったらしい(!!)
    
どうやら4年ほど前のFIAT500人気→ABARTH500人気爆発の頃から
インポーターが相当な引き締めを計ったようで対策費うんぬんもあまり無く、
仕切りもそうとう上がっているとのこと。
    
「ええ!?なに今ジュリエッタ乗ってる人って」
「みんな乗りだしで、そんなに払って乗ってんの!?」
     
いや失礼極まりない言い方である。
多少気心しれた営業さんだから思わず言ってしまったのだが、
コレ読んだ方も「nal、失礼すぎるよオマエ!」と思ったことだろう。
でも、正直そう思ってしまったのだから仕方がない。
    
10年ひと昔。
今のアルファロメオのラインナップは、
10年前から比べると1クラスずつ上級移行しているようだ。
かつて145、147な方はMiToを。156、159だった方はジュリエッタを。
     
経済的には、完全にそんなかんじである。
      
「そ、そっか〜甘かったな〜…ちょっと認識が甘すぎた……。」
「んじゃもうぶっちゃけるけど、3○0万くらいにはなるんかな?」
       
「いや…nalさん…6月納車だと今やってるナビ半額サポートも終わってますし。」
「正直厳しいんじゃないか、と………。」
     
そ、そおおなのおおお……………(脱力!)
 
ワタシは言葉を無くした。いや〜参った。
完全に目的を失った人になっちゃった。
長くこのブログを読んで頂けた方ならわかるかもしれないが、
日本のジュリエッタ、好みドストライクなんだけど好みの仕様が無い。
クワドリファリオヴェルデ”Alfisti2”なる特別仕様車であれば
紺ボディx赤レザーで好みに相当近いのだが、
今度のクルマは涙を飲んでオートマ(TCT)を買うつもりだったし、
そもそも車庫の事情でLHD不可なワタシはLHDなAlfisti2は買えない。
    
なので、ガンガン突っ込んで突っ走るってかんじでも無いのだ。
    
ABARTH500ん時は「値引きなんて無いよ」って言われても突っ込んじゃったのだが、
今回は脇目もふらず一直線でも無いので、なんか気が抜けてしまったのだった。
     
「そっか〜ちょっと考え方変えないとイカンですね……。」
「買えるかもしれない6月までまだ3ヶ月くらいあるし、また相談に来ますね……。」
  
そう言いかけて席を立とうと思った時、
ワタシはブースの正面に見えている1台のジュリエッタが目に入った。
  
あ…コレってもしかして……。
ワタシは席を立つとそそくさとそのジュリエッタに近づいた。
内装をのぞき込むと、営業さんに尋ねる。
   
「ねえOさん、コレって例の限定車?」
    
「あ!そうですよ!nalさんの好みとは違うかもしれないですけど」
「めちゃくちゃ売れてますんでもうすぐ販売終了なんです。」
    
そう、それはジュリエッタ1周年記念と銘打たれて発売されていた限定車、
”アルファジュリエッタ コンペティツィオーネ ホワイトエディション”だった。
      
「へええ、コレってナビ付いてて価格据え置きのヤツだよね?」
「ってことはけっこうお値打ちだと思うんだけど、もう無くなっちゃった?」
     
「ウチはまだありますよ。良かったらコレも見積もり作っておきましょうか?」
      
「…んーーー…うん……せっかくなんで、お願いします……。」
  
  
で見積もりを頂いたところ、コイツ相当お値打ち。
半額キャンペーンのナビその他を付けたスプリントよりか、ジュウウン万円高いだけだった。
  
うん………いいね、値札が…これくらいだよねぇ……。
   
何と言うか誰にだって、心の中に適正価格というものがあるでしょう。
「ワタシの価値観だと、これくらい」っていう。
クルマだけじゃなく、ふだんの買い物であってあると思う。
リーガルのクツなら○万は出せないとか、アウトレットでTシャツ買うなら○セン円で探すとか。
正直スプリントの見積もり見た時「もうワタシとアルファとは相容れない」と思った。
ワタシの価値観では、スプリントなら「3○0万」だ。
 
そう思った時、このホワイトエディションが
ワタシがジュリエッタ(コンペティツィオーネ、ナビその他もろもろ付き)に
求める適正な価格に思えた。

というか、初めてホワイトパネル内装のジュリエッタを見たんだけど、
やっぱ良いじゃないですかっ!
ホワイトエディションは、コンペなんだけど内装パネルが光沢ホワイトになっている。
ついでにヘッドライトのキセノンもより青白いタイプになってたりするのだが、
まあそこはどっちでも良い。
アルファレッドの赤パネルを見た時に「良いなぁ!」って思ったけど
白パネルもレトロフューチャーって感じでめっちゃステキじゃありませんかっ。
   
   
「コレってさ〜、限定車だから値引き辛くなったりするのかな?」
ワタシはおそるおそる尋ねた。
      
「いや、そういうのは一緒ですよ〜ただ、3月でもう無くなっちゃいますけど……。」
      
「そ、そおだよねぇ………。」
   
   
   
6月乗り換え計画に向けた第一歩。
でもなんだか不完全燃焼で、モヤモヤした気分だけが残った。
んーこうなったら他も聞きに行こうかな。
    
仲良しのDさんには悪いけど、他の経営母体のDにも聞いてみようかな、とか。
あと昔お世話になった仲良しの営業さんが今イプシロンを売ってるんで、
ちょっと話を聞きに行こうかな。
VW-SHARAN買ったDにゴルカブの認定中古車置いてあったから、
ちょっと見に行こうかな。
    
そんなことを思いつつその日のジュリエッタ見学は、終わった。
   
   
   
   
数日後。
   
「nalさん!こないだウチ来てもらってありがとうございます!!」
  
電話があったのは、Yクン。
アルファロメオうんぬん関係なしに昔から知っている、
友人とまでは言わないけれど濃い知人である。
   
えー実は彼は当エリアの統括責任者である。
  
「なんかグレーのスプリントでって聞いてるんですけど」
   
「ちょっとnalさんのために、ホワイトエディションで頑張ろうかと思いまして!」
    
    
「Yクン、オレOさんに”6月”って言ったよ〜今じゃないんですよ……。」
   
「いや驚くような数字出しますんで、nalさん絶対に気になるはずですよ!」
    
「そう……どうなの実際?Alfaって今そんなに値引かずに売ってんの?」
     
 
  
結局、この電話が我がクルマ放浪の旅の行き先を変えた。
  
   

 
    
  
えーこれ以上は、書かない。
      
あんなことやこんなことがあり、
そして今ワタシの手元には真っ白なジュリエッタがある。
      
結局、値引き後のスプリントと同じかそれよりかお値打ちじゃね?
という価格で、我が元にホワイトエディションはやってきてくれた。
     
外装ホワイトって本来あまり好きじゃないんだけど、
ことジュリエッタに関してはホワイト、相当気に入っている。
思えば最初にジュリエッタかっこええやん!と思ったのは、
白いジュリエッタだったしね。
      
2012.1.21「OH! MY JULLY PartII」
http://nalfalfa.blog.so-net.ne.jp/2012-01-21
 
我ながら相当に恥ずかしいのだが、
我が元にジュリエッタが来てくれると決まってからのワタシは、
相当なオバカさんであった。
  
 
 
key.jpg
■OM-D E-M5 + LumixG20/1.7■

 
 
久しぶりにイタリア自動車雑貨店でキーホルダーを探しまくったりとか。
  
  
ミニカーをゲットしてリビングの一等地に飾り出す始末。
  
  
mini.jpg
■OM-D E-M5 + LumixG20/1.7■
”カラー選べなかった……ホワイト来て欲しかった、ざんねん!”

   
   
  
やはりワタシは、”馬鹿”である。アルファ馬鹿である。
アルファ馬鹿、バンザイである。
   
いろいろあった末に、ようやく来てくれたジュリエッタ。
仕事で乗るのが楽しみでたまらない、久しぶりの日々である。
      
      
      
02.jpg
■OM-D E-M5 + MZD12-50■
”6200Kらしく真っ青な光線!”

   
    
   




<お知らせ>
 
えー長く続いたブログの修行中アイコン、変えました。
 
 
Quad.png
    
  
  
「クワドリファリオヴェルデ」に乗ってないのになんだ〜?って言わないでくれっ。
  
ワタシ、かつては長くこのアイコンを使用していたのであります。
    
  
  
旧アイコン.jpg
   
     
アルファを降りた日まで使っていた、四つ葉のクローバーのブログのアイコン。
  
復活です!!!
ついでにちょっと凝り性して新しいアイコンは盛っときました〜(笑)
 



■PHOTOS■
■CAMERA■Olympus OM-D E-M5
■LENS■
M.Zuiko Digital 12-50mm F3.5-6.3 EZ
Lumix G 20mm F1.7 ASPH.
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 7

コメント 4

mr.hardcore

OH! MY JULLY シリーズがまさかこんな結末になるなんて、わからないもんですねぇ…笑。
しかし、車って衝動買いと言うかタイミングと言うか運命と言うか。
面白いですね。
ジュリエッタ、私も白がカッコいいと思います。
あー、うらやましー。
(・_・;
by mr.hardcore (2013-04-01 17:52) 

アキオ

欲しくても、恋は盲目、とは言いたくないですよね、、
わかります、、ま、負けたりする事はあるけれどw


紆余曲折あって手元に来たのも何かの縁。。
楽しい生活が始まりそうですね。
by アキオ (2013-04-01 18:33) 

HIRO

こんにちは。
なるほど、色々あって、やって来た訳ですね。

ウチも、値段もさることながら、”駐車場所に入らない”ので、Mitoしか選択肢が…
そういえば、M田とコラボのスパイダーは判りませんが、4Cは、800一寸だそうで…横幅2mあるとか(爆)
by HIRO (2013-04-01 20:44) 

nal

>mr.hardcoreさん
途中、「mitoのタン革の在庫ある?」とか聞き出す始末でしたから(笑)
mitoってもうストックないらしいですね。
こないだまでmito1車種だったのが今はジュリ1車種商売らしい。
潔いインポーターです(微笑)
>アキオさん
この年になると、そうそう盲目で突っ走らなくなるのかなという気もします。突っ走りたいんですけどね…でも白いジュリ様、オシリがめっちゃカッコイイですっ。
>HIROさん
そーですか〜4cは800ですか…数年前の噂ん時は600以下なんて記憶があったよーな…ってエリーゼと整合性とれなくなっちゃいますもんね。
Mスパイダーは気になりますよねぇ。
1.4Tなのかスカイアクティブか!?

by nal (2013-04-02 08:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0