So-net無料ブログ作成

戦国少年3 [N&alfamiglia]

004.jpg
 
た、高いなぁ……こんなところにどうやって……スゲエ。

 
幼い頃にも何度も来たことがあった。
近くに住むおばさんの家に泊まりに来た時には、
よく連れてってくれたし、
学生の頃には名物の花火を見に出向いたり、夜景を見に足繁く通った。

今、我が子の興味に引っ張られて多少の知識を蓄えた上で
20年ぶりに来てみると、これは相当なモンだということがわかる。
 
  
  
  
 
    
002.jpg
    
  
  
戦国少年と行くお城シリーズ第三弾は、岐阜城である。


えー”超”山城をアピールできる写真を撮らなかったのが痛恨であるが、
とにかく金華山の頂上にそびえる岐阜城、もんのすごい場所に建てたものである。
 
斎藤道三は、いったいどうやって築城したんだろう? 

っつーか城を下りる時は、山道歩いてくんだよね?やっぱ…。



現代人は、ロープウェイで行くわけですが。
 
  
  
 
011.jpg

 
 
 
織田信長も、住んでたのは山の麓らしいけど、
城に行く時はどうやって登ったんだろう?

歩いてくんかな?馬じゃないよねぇ?


ワタシは何度も来たことがあるけど
幼い頃も学生の頃も当時はなーーーんも思わなかったけど、
本当にすごいところだよ。

建てた人も、こりゃ歴史に残る大偉業だよねぇ……。 
  
  
 
007.jpg
 
 

ところで今は、秋。 岐阜城は紅葉である。
  
  
  
  
003.jpg
 
 
 
ワタシが幼い頃にも来たことがあるだけに整備が古いということで、
バリアフリーもへったくれもなく今お城に行くのもけっこう大変である。

ロープウェイから下りてから10分くらいは階段を上る。
それも蹴上げ(高さのほうね)が30センチくらいある
優しくない階段をどっこいしょと上らなければ、お城に辿り着かないのである。
ハイキングを兼ねてロープウェイ使わずに山登りな方もたくさんいらっしゃった。
いや〜コレ、キツイでしょ。
 
 
  
012.jpg
 
 
 
難攻不落とはこのことだ。
 
そして天守からの眺めは、
まさに”天下”を手中にした錯覚に陥ってしまうほどの絶景。  
  
 
 
005.jpg
 
 


006.jpg
  
  
  
素晴らしい。

城下を眺めつつ道三は、信長はいったい何を思ったのだろう………。
  



そうそう今年はまだいつもの場所に紅葉を撮りに行っていない。
いつもの場所の前に、岐阜城にて紅葉をパチリ。 
 
 
  
 
009.jpg

 
 

008.jpg
  
 

 
001.jpg

   
  
良い秋の休日でした。 

 


■PHOTOS■Olympus OM-D E-M5 + Lumix G Vario 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0