So-net無料ブログ作成

邪魔されない空 [♡CARS]

07.jpg

張り出したリアフェンダー。
そしてそこには、赤いボディにも関わらず美しい映り込みが………。


またまたやってくれた。
当たり前だけど、今回も代車生活。

そして、なぜだかワタシをくすぐりまくるクルマが続くのだ!
  
 
今回はこともあろうに、コイツである。
  
  
10.jpg
 
 
わ、わかるよね?

ポルシェじゃないよっ(当たり前……)

VWビートルである。
っつーことは、家族カーVWシャランの代車ってことで。
 
 
 
しかし!!! 
  
 
 
コイツがやってきてしまったのである!!!
 
 


05.jpg

 
 
や、屋根がああああああ………無いっ!!!
 
 
そう、ビートルカブリオレである。

ワタシ的クルマ判定絶対尺度。

■その1■屋根が開くこと
■その2■マニュアルシフト
■その3■FR

まあ、この全ては一番長く乗ったユーノスロードスターで培われた価値観なのである、が。
全部揃ったらそりゃ役満どうしたらいいか困っちゃうくらいなクルマなわけで。
でも世の中には、今ロードスター以外にそんなクルマはあんまり無い。
…ってベンツのSLK200にそんな仕様ありますがそれは置いといて(汗)

ぶっちゃけ、そんな中で1コでもあると胸が高鳴るのが正直なところ。
 
前回は、マニュアルシフトのアバルトプントなんていう飛び道具がやってきた。
 
そして今回は……屋根の開くビートルカブリオレ!!!


いやね……。
最近はアルファロメオも驚くよーな代車持ってきてワタシを喜ばせてくれるんだけど。
VWもスゴイやね……トゥアレグが2回にゴルフに…で今回が屋根開きビートルだもん。

かつての10年10万キロ笑わせてくれる代車ばかりだった頃から
えらいところに来たもんだ!てなカンジで。
かつての笑わせてくれる代車知りたい方はコチラを見てね♪


屋根の開くクルマ。
それは2005年まで乗っていたアルファスパイダー以来、9年ぶりである。
…ん?その間にBMW-Z3もあったな…あれ何年だ?2008年か〜懐かしい。


ワタシ、花粉症である。

今年は軽いほうかな?と思いきや最近どんどこ症状悪化気味。
マスクが手放せない今日この頃。

でもでも!!!ビートルカブリオレだぜ!!!!

明日鼻水まみれで後悔したって構わない!!!

これで開けなきゃオレじゃないぜ!!!

行くぜ!!!スギの木いっぱい(たぶん)花粉舞いまくりないつもの峠へ!!!

屋根を開けて突っ走ってやるぜーーーー!!!!!
  
 
 
とここで、数時間ながらチョイ乗りインプレッション。 
コイツ、驚くことに排気量1200cc。
最近主流の小排気量ターボ過給エンジン。
VWは主に1.4Lとか2.0Lを多く載せてるけどコイツは1.2L。
っつーことは、完全にプロムナードカー狙いと思うだろう。
屋根の開く爽やかさアピールで走りは”遅すぎなければOK”みたいな。

しかし!!!

コイツ、驚くほど走ってくれます!!!DSG恐るべし。
アクセルベタ踏みしたわけじゃないんでアレだけど、
走り出しの力強さはジュリエッタにも負けてない感じ。
グイッて飛び出して驚きます。
しかもエンジン小さいからか鼻先が軽い軽いっ。
ステアリング自体はそれほどクイックじゃないと思うんだけど、
でもコチラの想定以上に身軽に軽快にコーナーをクリアしていく。
こんなファンカーな見た目のくせに「やってる気」になれる。

あと特筆すべきは足回り。
これがいーカンジに気持ち良くロールするんだわ…。
ジワ〜っとロールして恐怖感を感じさせない。

それからそれから、
屋根閉じてる時は、ボディと幌の継ぎ目だと思うんだけど
正直安っぽいビビリ音がちょいちょいしてたんだけど、
屋根を開けたらビビリ音皆無、安っぽいところがまったく無い。

総じて「スポーティカー」としても満足出来る仕立てである。
ニュービートルって……ベースはゴルフ6だったと思うんだけど。
Cセグメントを越えた!完璧!傑作!と誉れ高いゴルフ7とコイツ、
どっちか選べって言われたら、ワタシは問答無用にビートルカブリオレを選びます。
 
そうそう運転環境も見た目に似合わずまったくもってフツー、違和感無し。
ノーズはまったく見えないんだけど車両感覚もバッチリ。
狭い路地だってバック駐車だって躊躇無くいけます。


いやね……最初はちょっと斜に構えて走り出したんだけど、マジ驚いた。
しごく真っ当にいいクルマで、屋根が開くことに起因するネガも感じられない。
 
 
  
04.jpg
 
 
 
んでもって、こんなにカッコイイんだもん!!!!
この、ウエストラインが真っ直ぐダーッて揃ってて、
そこにシルバーメッキされたモールディングがビュッて通ってるじゃん。
 
コレ、ワタシのツボなんです(恥)美しいっす。 
 
Aピラーも立ってるから空も広いし、マジこいつヤバイです。
 
 
 
03.jpg
 
 
屋根を開けた時に、
昔ほどじゃないけれど「幌を背負っている」感感じさせる仕立て。
そしてリアに座席があるってことはなんだか楽しい生活が待っていそうで。  
  
 
 
08.jpg
 
 
まあ代車に色々言ってもしょーがないんだけど、
内装は黒じゃないほーが良いかな〜赤ボディだったらタンとか、ねぇ。
シート自体はガッシリしっかり。
 
 
 
09.jpg
 
 
インパネも、安っぽいと言ってしまえばそうなんだろうけど、
デザインと作り込みでそれを一切感じさせないというか。
ビートルの存在感とドンピシャなんだろうな〜VW良い仕事してます。


あ、今思い出したけどこの記事、
一応サクラと競演させる今年のサクラ記事のつもりだったのをすっかり忘れてた。
 
 
 
 
06.jpg
 
 
なんでだろうな?
一昨年乗っていたプジョー207SWだとほとんど映り込まなかったんだけど、
ビートルカブリオレでは美しい映り込みを楽しむことが出来た。

やっぱこの曲面かなぁ?
フェンダーのくるりんぱに映った空もサクラも、とっても美しい!
 
 
9年ぶりのオープン、9年ぶりの空。
せっかくだからと屋根を開けたままで、数時間を思う存分楽しんだ。
  
 
 
11.jpg
 
 
やっぱ”スペシャル”があるクルマは楽しい。
人がゆったり乗れるとか、荷物がたくさん載せられるとか、
プレステージを感じられるとか、そういうのもスペシャルなんだろうけれど、
ワタシの望むのはそっち方面ではなくて、
”走って笑顔になれる”というスペシャルなんだなぁと、
ビートルカブリオレと過ごしてみて、そんなことを思った。




 
■PHOTOS■Olympus OM-D E-M5 + Lumix G Vario 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.
■DATE■2014.04.02

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 7

コメント 4

KCS

あっ!
いいっすねいいっすね!
この間、Dでビートルカブリオレ見てきましたよ~

前記事から引き続き、そろそろ乗り換えの予感ですかっ?!?!
by KCS (2014-04-04 10:08) 

nal

>KCSさん
な、なわけ無いじゃないですか〜両方とも1,2年点検の代車ですよ〜。
なぜだかワタシをくすぐる代車が来るだけで…汗。
しかしVWのクルマって今、ハズレが無いんじゃないでしょうか。
どれ選んでもOKですねぇ。
by nal (2014-04-04 10:28) 

HIRO

こんにちは。
空が近いというスペシャルも良いですね。
排気量が小さくても、楽しい車は出来る訳で…
500のツインエアにもCがありますね。
もう作ってないけど、カングーのビポップとかも個人的には良かった(笑)
by HIRO (2014-04-04 21:05) 

nal

>HIROさん
昔ゴルフカブリオレ乗ってたんですけど、4座オープンって後方からの巻き込みがすごくて……でもビートルカブリオレはそのへんも良くなってました。
あと屋根閉じてても、Bピラーが無いところが非常に気に入りました。
「横に壁がない」感が何とも言えずサイコーでした。
by nal (2014-04-05 09:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0