So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

完熟ピッコロ [♡ABARTH]

01.jpg
 
何の因果が、再びコイツと居ることになろうとは……。

点検である。
おかげさまで我がAlfaGiuliaは1ヶ月点検。
そうしたらDさん、代車にコイツに乗ってやってきた。
   
   
07.jpg
 
 
ア、アバルトちゃんじゃないですかーーー!!!!
 
 
 
09.jpg
 
 
えーと、コイツのグレードは、と。
Abarth595の、ツーリズモ、ということかな?だよね?


今更ながら、古くから当ブログをご覧頂いていた方はご承知と思いますが、
ワタシはかつてABARTH500に乗っていた。
 
 
aba14-nor14.jpg
2009.05.25「リトルセクシィダイナマイトなハニー[ハート]
https://nalfalfa.blog.so-net.ne.jp/2009-05-25-go-go-ABARTH500

  
  
いやはやもう10年近く前になるのか……。
 
そしてちょうどAlfaGiuliettaを注文した頃に、
Dから「これ乗ってて」と言われてコイツを代車にしたことがある。
 
 
 
07.jpg
2013.03.28「MacchinaPerfetta(私的完全体)」
https://nalfalfa.blog.so-net.ne.jp/2013-03-28





今回、おかげさまで我が3台目のABARTH500(595)体験である……!!


と書きながら思ったのはコイツ、めっちゃ長生きやね!
日本導入のABARTH500デビューは2009年、
遡ること本国でのFIAT500デビューはいつなの?……何と2007年!!!
  
とっくに10年超えてるモデルなのだ。
 
そして昨年2017年にはフェイスリフトが行われている。
内装も、ちょいちょい変わってるんで載せておこう。
  
  
05.jpg


おっとコイツはマニュアルシフトじゃなくてシーケンシャルMTなんだな。
シフトノブじゃなくてボタンってのが面白い。
※運転するときに”???”とフリーズしてしまったワタシであった……泣。
 
そしてこの個体はワタシが大好きなタン(キャメル)内装。
 
 
 
04.jpg
 
 
シートもカッコ良い!!!こーゆートコがタマランね!!


それからそれから、昨年のフェイスリフトでメーターまわりも変わっている。
 
 
02.jpg


こっちがノーマルモード。
完全にイマドキな表示だね!モード切り替えでタイヤ空気圧モニタとかも出たし。

そして、ABARTH500系と言えば、スポーツモードでしょう。
 
 
03.jpg
 
 
めっちゃヤル気を煽る真っ赤なスポーツモード。
”G"表示はそのままグラビティ、加速や旋回でGがかかると動くのだ。

FIAT500自体は10年オーバーとは言え、
FIATの気合い感じる充実のアップデートが施されている。
 
この個体で言えば、ナビも付いてるし。(標準だったのかな?)
ただ先月だっけ?
ナビはやめて我がAlfaGiuliaと同じAppleCarPlay(及びAndroidAuto)に
集約されたけど。コレって改善なのかな?ビミョーな気がするが。


とひと通り書いたところで、インプレッション。



いや〜やっぱ面白い!!!



10年ちかく前、毎日ABARTH500に乗ってた頃を思い出した。
いちいち吠えるマフラーからの重低音。
路面段差でガツンと飛び跳ねるボディ、最初は胃がおかしくなった程だった。
そしてあのサイズはどこにだって飛び込んでいけた。

勢い、運転自体がいつもよりアグレッシブになってしまうのだ。
キュッと曲がってギュッと踏んでガツンと進む。
幼児の擬音ばかりで表現したくなるカンジ。


しかし。

この10年でABARTH500(595)も大きく成長した。
上のほうのインフォテイメントの充実はもちろんのこと、
運転感覚にしてもそうだ。

5年前に”500C Grigio Record"に代車で乗った時も、
「お?やけに足が落ち着いたな〜乗り心地良くなった!」と
感心したのだが、
今回はそれに輪を掛けて足が良く動くしショックが緩和されている。
これなら内臓が揺すられて気持ち悪くなることもないだろう。
そしてシングルクラッチの自動MTも優秀だった。

FIAT500系の自動MTは経験ないので何だけれど、
20年ほど前に乗っていたMCCスマートクーぺの自動MTはスゴかった。
めっちゃくちゃ下手くその操るマニュアルシフトそのもので、
全身が揺すられるほどカックンカックンで参っていた。

シングルクラッチの自動MTはあんなもんだと思っていたのだが、
今回のABARTH595は一般道で流れに合わせて走っている限りでは
変速時のショックも少なく気にならない。
確かにトバすと変速時につんのめるけど、
「トバす時は自分でシフトしろよ」ってことなんだろうと思う。

総じてフツーに乗れる環境に近づいていた。

そうそうシートポジションもだ。
足元狭くて体育座り状態なのは変わらないのだが、
頭上にずいぶんゆとりが出来た。
2009年のABARTH500は髪が天井に触る寸前で、
路面が悪くて飛び跳ねる→天井にアタマぶつける(!!!)状態だった。
 
 
 
08.jpg


おっとコーフンしてダラダラ書き殴ってしまった。
このへんにしておくが、最後にこう書いておく。
 
アバルト同士で乗り換える人の気持ちがわかる!
そして乗り換えることで得られるものも大きい!と!!
 
最大の賛辞である。
いつがモデル末期なのかわからないけど、ABARTH595はまさに完熟。
今更ながら乗ろうとする人、まったくもって正しいチョイスと太鼓判。
極上のゴーカート体験が待ってます。
  
  
06.jpg





■PHOTOS■Abarth595Turismo■
Olympus OM-D E-M5 II + Lumix G Vario 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.



nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 8

コメント 2

GEN11

いいっすね〜!
ワタシもQ5がいよいよダメになったら、595Cツーリズモにしようかと本気で思ってます。
下の子も一人暮らしになったら、もう2人乗れればイイっす。
が、お金が工面できなかったらコペンかも(笑)

by GEN11 (2018-10-11 21:18) 

nal

>GEN11さん
エスハチと595Cが並んでたらサイコーじゃないですかっ!いや、コペンと並んでたほうがますますバ○っぽいか(スミマセン!)
事情が許すなら小さいクルマ、やっぱイイですね。ジュリアでも相当身軽に感じてますが595Cは服脱いじゃったみたいですよ。
by nal (2018-10-12 09:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント